Skip to content

ヘヴィーオブジェクトSはアニメエディションの復路も遊べるアニメで萌えた

たおやか系統ブロンド女の子のミリンダが良すぎるのでヘヴィーオブジェクトSを読みました。以前にアニメ版を見ていて、漫画の皆さんは初めてですが、何も気にせずに読破する事が出来たので、色々でハマったのでしょうね。いちはやくクウェンサーからのメイルを見ながら嬉しそうなミリンダは鼻歌交じりで凶悪な兵器オブジェクトを弄ってある。こういうどでかいメタルの集合は、核兵器も滅ぼしきれないお化けですが、特性は美少女が乗っている流れが多いのが特徴です。アニメ版ヘヴィーオブジェクトまずは、ちっちゃな母親からミリンダという中学校くらいの女の子、ひいては美少年まで何かとパイロットがいました。漫画版では、最初にサクッとこの辺りを解説してくれているので、アニメを観ていないそれぞれも、それなりに楽しめる機種となっていてイイ空気でした。こんなお姫様は、やにわに負けてくれるので、いつの間にかそばは火ばかりでびっくりですね。けれども、途端、軽々と救済とかダイジェスト版のアニメみたいです。たおやか系統女の子が出るならはち切れんばかりのムチムチ系統も出てくる意義で、クウェンサーらの上司、フローレイティア君とか、すでにダイナマイト超える体躯となっていました。挿し絵的には主役らがアニメ版と遜色ない印象で、読み応え的には不調無かったです。ヘヴィーオブジェクトSがお喋りの進み方が速いですが、1お喋り毎の扉絵がカワイイので、休憩塗るのが素晴らしいです。およそ、ミリンダフェチだったら、2お喋りの時点で安静って萌えを取り戻していると思われます。お話はアニメで予習し過ぎているのに、割と素直に読めるのは漫画版が賢く描かれているからでしょうね。あと、逐一お姫様のセリフが、妙に平仮名交じりなのが、いぶかしい萌えを幸運で最高でした。さりげなく簡単な漢字だけを使って、別は平仮名とか、はっきり言ってあざといですが、惜しいけど萌えちゃある。ダメージを受ける度にハァハァいうとか、一体如何なる仕組なのだろう?とか突っ込んでいたら駄目ですね。

Published in未分類

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です